お宅訪問レポート

2015.12.10 更新

コンセプトを共有して作り上げた、洗練された住まい

休日はのんびり、新しい環境を楽しむご家族

休日はのんびり、新しい環境を楽しむご家族

神奈川県川崎市在住 カニさん (30代)

家族構成:ご夫婦、お子様の四人暮らし

開放的なリビングは北欧調のインテリアで統一

開放的なリビングは北欧調のインテリアで統一

たっぷりと光が入り大きな弧を描く窓が印象的なカニさんのお宅のリビング。インテリアは入居にあたって一から揃えたそうです。この住まいを選んでから建物が完成するまでに約2年の期間があったので、ご夫婦でどのような住まいにしたいかをしっかりと話し合い、行きつけのインテリアショップに何度も通って家具を選び集めました。

まず選んだのは、お二人の好みにぴったりだったという滑らかな曲線を描くダイニングチェア&テーブル。このダイニングセットのデザインをベースにしながら他のインテリアを選んで行ったところ、ブラウンの色味をベースにした、シンプルながら温かみのあるリビングになりました。実は当初から北欧調にしようと思っていたわけではなく、好きなものや自分たちの住まいに対するはっきりとしたコンセプト、こだわりをしっかり持ってアイテムを選んでいったところ、結果として統一感のある北欧調にまとまっていたのです。

木目とシルエットが美しいダイニングセット
ダイニングセットのデザインに合うシンプルなサイドボード

▶︎ (写真:左)
木目とシルエットが美しいダイニングセット

▶︎ (写真:右)
ダイニングセットのデザインに合うシンプルなサイドボード

新しい暮らしを通じて新たなコミュニティを楽しむ

新しい暮らしを通じて新たなコミュニティを楽しむ

元々は関西に住んでいたというカニさんご夫婦。ご主人が東京に単身赴任をされている間にあちこち住まいを探して回り、友人の後押しもあって、こちらのマンションの購入を決めたそうです。この街の雰囲気が、住み慣れた大阪から神戸の間の街並みや電車の雰囲気と似ていて、しっくりと馴染んだとのこと。

ご主人の趣味はあまり多くの方がご存知ないフラッグフットボールなのですが、居住者あいさつ会を通じて、思いがけず同じ趣味の仲間と出会い、今では一緒に練習を楽しむこともあるとか。奥様もお子様を通じたコミュニティを楽しみ、同じマンション内にとどまらず、近くに暮らすママ仲間との交流も活発です。

再開発された街並みは道幅も広くて暮らしやすく、新しい街が育っていくことも楽しみのひとつだとおっしゃるご夫婦。ハロウィンやクリスマスなど街全体でのイベントも盛んで、日常生活をより豊かに過ごせるようになったと感じているそうです。

リビングを彩る、シンプルでセンスが光る小物たち

新居のお祝いにいただいた、薩摩切子のお雛さま
シックなリビングにグリーンを取り入れて、癒しの演出も

▶︎ (写真:左)
新居のお祝いにいただいた、薩摩切子のお雛さま

▶︎ (写真:右)
シックなリビングにグリーンを取り入れて、癒しの演出も

訪問を終えて

カニさん

カニさん

街全体を楽しみ、家族で過ごす時間を大切にしていきたい

夫婦ともにずっと関西で暮らしていたので、関東には土地勘がなかったのですが、友人の勧めがきっかけでこの街に興味を持ち、周りの環境なども気に入ったのでこちらの購入を決めました。実際に住んでみると、新しく整備された街は思った以上に生活がしやすいことを実感しています。歩いて行ける距離になんでも揃っているので、車も必要なくなり手放してしまいました。休日には屋上に広場がある近くの商業施設に家族で遊びに行くなど、街全体を楽しんでいます。

【インタビュアー】橘あゆみ

【インタビュアー】橘あゆみ

好きなものやインテリアのコンセプトがはっきりとしていて、自分らしさを楽しんでいるご夫婦だからこそ、単身赴任で離れていた時期でも住まい選びができたのだろうと感じました。お住まい自体が家族の絆を表しているご夫婦でした。