お宅訪問レポート

2016.12.12 更新

二人の夢を叶えた、毎日が特別になる住まい

マンションライフを謳歌する仲良しご夫婦

マンションライフを謳歌する仲良しご夫婦

東京都港区在住 コバヤシさん (30代)

家族構成:ご夫婦二人暮らし

理想の暮らしを叶えるためのリビング

理想の暮らしを叶えるためのリビング

ご自宅にいる時間のほとんどを快適なリビングで過ごしているというコバヤシさんご夫婦。ご主人は大のマンション好きで、20代のころから数多くのモデルルームを見学し、知見を積み重ねてきたそうです。このマンションは間取りや眺望はもちろん、設備や共用スペース、将来の資産価値などを総合的に判断して購入を決意。建物だけでなく、周辺エリアの開発も含めて資産価値を高める三井の姿勢も、購入の決め手になったそうです。

リビングからの眺望が良いことも、住まい選びのポイントでした。現在の住まいは当初の希望だった「レインボーブリッジが見える部屋」とは景色こそ異なるものの、東京タワーを一望できる素敵なロケーションです。ソファに腰掛けてグラスを傾けるひとときは、忙しい毎日を過ごすお二人にとって至福の時間。ソファはどこに座るか迷ってしまうほどの大きさですが、東京タワーが下から上までよく見える窓際の一角が奥様の特等席なのです。

リビングの広さを引き立てているアルコランプ
住んでいるマンションのポスターを額装してベッドルームに!

▶︎ (写真:左)
リビングの広さを引き立てているアルコランプ

▶︎ (写真:右)
住んでいるマンションのポスターを額装してベッドルームに!

外の景色が視界に入るキッチンも、奥様お気に入りの場所
ゆったりとした作りのL字型カウチソファはリビングの主役

▶︎ (写真:左)
外の景色が視界に入るキッチンも、奥様お気に入りの場所

▶︎ (写真:右)
ゆったりとした作りのL字型カウチソファはリビングの主役

実用性も考えられた、シンプルで暮らしやすい住まい

実用性も考えられた、シンプルで暮らしやすい住まい

もともと3LDKを前提とした間取りでしたが、入居時、お二人の生活に適した2LDKに変更。リビングをワイドスパン化して伸び伸びと使われています。カウチソファの奥には印象的な畳のスペースが。

「これは実家から両親が来たときのベッドとして使っています。畳ユニットは床面が高いものを探しました。これならシニアでも楽に上がれますし、床下が収納になっているのでたくさんものをしまえるんですよ」とご主人。ご両親への気遣いと家具へのこだわりがうかがえます。

ご夫婦ともご自宅で仕事をすることもあり、家の中で過ごす時間が長め。「気分を変えるために、スタディルームやラウンジもよく利用しています。共用スペースが整っているのはとても便利」と奥様。ご主人も会社を早く切り上げ、家に仕事を持ち帰ることが多いそうです。仕事が終わった後は、仲良く晩酌。お二人の仲睦まじさがそのまま表れた素敵な住まいでした。

収納棚には多彩なお酒をストック。バーを営めそうな充実度!
タンブラーやグラスも充実。くつろぎの時間を彩ってくれます

▶︎ (写真:左)
収納棚には多彩なお酒をストック。バーを営めそうな充実度!

▶︎ (写真:右)
タンブラーやグラスも充実。くつろぎの時間を彩ってくれます

見栄えにもこだわり、すっきりとした収納スペース

衣装部屋に追加した家具は作り付けのようなフィット感
シューズインクロゼットには豊富に靴が収納されている

▶︎ (写真:左)
衣装部屋に追加した家具は作り付けのようなフィット感

▶︎ (写真:右)
シューズインクロゼットには豊富に靴が収納されている

訪問を終えて

コバヤシさん

コバヤシさん

昔から思い描いていた生活が現実になりました

朝起きてから夜寝るまでの生活動線にまったくストレスを感じず、収納スペースも充実している現在の住まいにとても満足しています。広さも二人で暮らすには十分。料理しながら外の景色や主人の様子が視界に入る、開放的な対面式キッチンも気に入っています。インテリアについては、夜景が見える場所でアルコランプの下に座って、本を読んだり、夫婦でゆっくりと会話を楽しんだりする、憧れのライフスタイルを想像しながら家具を選んでいったら、自然に今のスタイルができあがっていました。

【インタビュアー】田端邦彦

【インタビュアー】田端邦彦

思い描いた生活を見事なまでに実現したお二人の住まいに、羨望を禁じ得ません! 奥様の希望を可能な限り叶えてあげたい、というご主人の包容力にも脱帽です。