お宅訪問レポート

2017.10.30 更新

爽やかな風吹き抜ける、朗らかな笑顔の集まる住まい

爽やかな風吹き抜ける、朗らかな笑顔の集まる住まい

白が似合う晴れやかで自然体な明るいご家族

愛知県日進市在住 じょなさん(30代)

家族構成:ご夫婦とお子様の三人暮らし

広いリビングで快適に過ごすくつろぎの時間

広いリビングで快適に過ごすくつろぎの時間

ご主人の単身赴任をきっかけに持ち家を検討されたというじょなさんご夫婦。休日は映画鑑賞や友人を招いてのホームパーティーをすることが多く、広いリビングが必須条件だったそうです。リビングのインテリアは空間を広く見せるロースタイルにこだわり、中央にはスツールを引き出せば何人来客があっても対応できる丸テーブルを選択。おもてなし上手なお二人の心遣いが表れています。

共働きのお二人ですが、家事についてはお互いが負担に感じないよう、それぞれがやれることをやるというルール。きれいな状態を保つためにお互いが得意な家事をされています。部屋は毎晩必ず片付けてから寝るように決め、その習慣をお子様にもしっかりと受け継がれています。またお子様の洋服やおもちゃなどは最小限にし、今のうちから子ども部屋にしまうことで、自然と自分で服を選んだり、片付けたりできるような環境にしていらっしゃいました。

テレビ台にトーンを合わせた、リビングのインテリア

一目惚れした照明はインテリアのポイントになる大きめをチョイス
スツールを引き出して、たくさんのご友人と語らいを楽しむ

▶︎ (写真:左)
一目惚れした照明はインテリアのポイントになる大きめをチョイス

▶︎ (写真:右)
スツールを引き出して、たくさんのご友人と語らいを楽しむ

ストレスなく料理できる開放的で明るいキッチン

キッチンはあえてゴミ箱を置かないことで、常に清潔にする工夫を
ご主人のほうが楽しまれているお料理。自慢のスパイスもみっちり

▶︎ (写真:左)
キッチンはあえてゴミ箱を置かないことで、常に清潔にする工夫を

▶︎ (写真:右)
ご主人のほうが楽しまれているお料理。自慢のスパイスもみっちり

将来の住まい方を見据えた、お子様との暮らし

引越して大好きになった電車の音は未来の子ども部屋から窓越しに
お子様が小学校に上がるまではダイニングの横にキッズスペースを

▶︎ (写真:左)
引越して大好きになった電車の音は未来の子ども部屋から窓越しに

▶︎ (写真:右)
お子様が小学校に上がるまではダイニングの横にキッズスペースを

訪問を終えて

じょなさん

じょなさん

暮らしやすい住まいでこれからも協力して暮らしていきたい

もうすぐ育休を終え、これからまた共働きになるので、家事はなるべく分担して行うようにし、復帰に向けて3ヶ月リハーサルをしました。私も主人も使いやすい水まわりがお気に入りで、今のままきれいな状態を保ちながら暮らしていきたいです。二人とも実家が京都で遠方のため、両親の手は借りられませんが、今後、子どもが大きくなったり、もう一人子どもが増えたりすることも想定して、夫婦で協力して家事や子育てをし、そのときどきに応じた暮らし方をしていきたいです。

【インタビュアー】佐藤春華

【インタビュアー】佐藤春華

ご夫婦それぞれがお互いの家事や家具選びをお話され、尊重し合う姿がとても素敵でした。助け合うお二人を見ながら、お子様も自然とお手伝いの出来る子に育つのではないでしょうか。笑顔が溢れ爽やかなご家族でした。